カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

佐倉

Author:佐倉
お仕事と趣味とでフィギュアの塗装をしたりしています。

ご連絡・お問合せは i_sakura☆gaia.eonet.ne.jp まで(メールアドレスの「☆」を半角の「@」に変えてご送信下さい)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
GWC act.9と月子のスカートのチェックの塗装
昨日11/20は大阪は日本橋でGWC(ガレージワークスコミュニケーション、というイベントの略です)の9回めが開催されました。
前回、前々回、ずいぶん前このイベントの存在を知ったときから行ってみたいと思っていたのですがなぜかいつも用事がぶつかって行けなくて、今回も直前に行けるか行けないかわからない状況でした。
行けたら、先日より製作していたkuniさんの筒隠月子が完成していたので、原型製作のkuniさんにイベントで見てもらおうと思っていたのです。タイミングよく完成していたことですし。

まだちゃんと撮影してないですし、これも携帯というかiPhone画像なのですが。
IMG_0009_20111121103540.jpg

GWCにはなんとか行けることになったので、月子を持って行ってkuniさんに見てもらい、イベント内の展示スペースに置かせてもらっておりました!
kuniさんも当日GWCでの月子の販売はなかったのですが展示見本を持って来られてたので、2体並べて展示スペースに。
この並んだとこの写真撮ってこなかった、失敗した(゚Д゚;)

イベントは小さい会場ながらも、ディーラーさんのガレージキット販売以外にも大山竜さんの原型製作ライブ(ニコ生配信もあり)やフィギュアの撮影講座実演や個人の作品の展示スペース、ガンプラの罪(積み)の実演、キットをその場で開けて製作始めてもいいスペースなどもあったようで、賑やかで、とても楽しいイベントでした!
今後も末永く続けていっていただけたらなあと思います。応援しています(`・ω・´)

イベントでは知人や初対面の方問わず、いろんな方に月子のスカートの塗装について訊かれました。
どうやって塗っているのかとても興味を持ってもらえたようで嬉しかったです。

というわけで、月子のチェックのスカートの塗装について。
実は細かく画像残して、あとでblogのネタに使おうと思ってはいたものの、途中からあまり撮影していません(汗
ほんの少しだけ撮った画像でとびとびになりますが、以下にちょっとだけ手順。

IMG_0001.jpg
先に、元イラストの模様と色味を見ながらプラ板に試作を吹いてみました。
重なって色を作っていくチェックは思った色になかなかならないですね~
これでは赤みがちょと強すぎる感じ?

IMG_0002.jpg
一番ベースになる色です。確かキャラフレ1と2を半々くらいだったかなー、薄いピンクベージュっぽい色にしました。

IMG_0003_20111121103454.jpg
横の太い赤いラインを吹くためのマスキングです。
プリーツの谷間になる部分は、どうしてもマスキングテープが浮き易いので、そこで一旦マスキングテープを切り落としてきっちり奥まで貼り込むようにしました。
マスキングテープが浮くとそこのラインはヨレてしまい、リタッチが必要となりますが、普通の塗装よりも重なって色を作っている分リタッチが目立ってしまうので、できるかぎりリタッチの箇所をなくします。

IMG_0004.jpg
横ラインの赤吹きました。
色は、クリア赤、クリア黒、白を混ぜてから更にクリアを足し、試作では赤みが強く感じたので白とクリア黒をちょっと試作より多めに、割るクリアも少し増やしてみました。

IMG_0005_20111121103455.jpg
すいませんかなり飛びました(汗
タテも同じように太い赤いラインを吹くためにマスキング、そして同じ赤を吹き、重なって色が濃くなる部分が
できます。それが、一番面積が広い赤の四角い部分になりますね。
それから、ピンクベージュ→赤1回の塗装のラインに、3本の茶色のラインが吹けるようにマスキング…
この部分の撮影をすっかり忘れてました、役に立たない製作記(゚Д゚;)
茶色のラインは、クリア黒とクリアオレンジ混ぜています。

IMG_0006_20111121103536.jpg
最後に、茶色のラインの間の、一番極細のラインを、エナメル塗料を筆で書き込み。
エナメルのクリアオレンジに黒を極少量混ぜて更にクリアを足してます。
筆で手書きなのでよく見ると線に振れがあるんですが、コツとしては隣の茶色のラインに重ならなければそれなりにまっすぐに見えるようです(汗

IMG_0007_20111121103536.jpg
お尻側は前に比べて塗り易い形状なのもあって、模様もきれいにそろったかなと思います。
プリーツスカートの模様は、折りたたまれたひだの部分にもタテの模様があると考えると、どうタテのラインを配置するかでなんというか、ウルサくなってしまったり模様に偏りができてしまったりすると思うので、加減しつつやるといいかも。
ちょっとくらいウソが混じってても全体で見ればあまり気にならないんじゃないでしょうか。

IMG_0008_20111121103540.jpg
あとは、原作小説の挿絵の、カントクさんのイラストを見ながら瞳塗装、アニメのラインじゃなくてイラストは難しいですね~(汗
ラインがもうひとつアウトラインを描いているようなデザインというか描き方なので、それをできるだけ同じ感じになるように描いてみました。

撮影はこれからやりますので完成画像のUPは今しばらくお待ちください。


最後になりましたが、GWCに参加された皆さん、そしてスタッフの皆様お疲れさまでした!
次回の開催も楽しみにしていますー!
ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。