カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

佐倉

Author:佐倉
お仕事と趣味とでフィギュアの塗装をしたりしています。

ご連絡・お問合せは i_sakura☆gaia.eonet.ne.jp まで(メールアドレスの「☆」を半角の「@」に変えてご送信下さい)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
大きなキットは
隙間も大きくなる?

リリィサンディングしてます。
大まかな仮組みは前回にやってましたが、隙間があるところは埋めたり、軸の調節したりしながらヤスリがけ進めてます。きちんと詰めてやっておいたつもりでも、なぜか組立ての段になると入らなかったり、ずれてたり合わなかったりということが起きるので念入りに~。

リリィは隙間がけっこうあいてます。
ダボはきっちり入るし、パーツの勘合が目立たない箇所は問題ないんですが。
大きい塊のパーツほど隙間が大きくあいてる感じです。あとクリアパーツとか。
肉厚になるほどヒケも大きくなるのかなあ、と思いながら隙間埋めてます。

IMG_1159.jpg
右足が下着のラインで分割、この隙間も埋めました。

IMG_1160.jpg
胸元とビスチェっぽい衣装との間の隙間が大きかった~
肌部分に盛り足したくなかった(肌をサフレスにしたいため)ので衣装側だけに盛り足してたんですが、そうするとどうしても衣装の厚みができてしまうので、ほんの少し肌側にも盛り足し。背中側はほとんど衣装で隠れる部分に、胸側は甲冑の胸当てで見えにくい部分にして、ほとんど隠れると思います。
これは胴体側のパーツが大きくヒケてたのかなあと。

IMG_1161.jpg
ここもかなり悩んだ部分、前髪パーツと後頭部パーツとの間に隙間、内側のダボや接続線が見えるほどあいてしまってました。クリアパーツだからどうしようかと。
結局半透明になる紫外線硬化パテを合わせに盛り足して調節しました。奥には光が届かないので硬化しにくいのと、シアノン+アルテコ粉と違ってクイツキよくないのでちょっと難しいですね。
このあとの塗装はクリア系塗料ではなく不透明系の色で吹くので、半透明でも十分目立たなくなると思います。


IMG_1162.jpg
リリィは右手が2種付属です。
カリバーンとエクスカリバーでつける手が違うので、脱着しやすいように、受け側の腕にポリキャップを埋めました。
IMG_1163.jpg

IMG_1164.jpg
付け替える手のほうには、2mmの真ちゅう線を差し込み、先をきれいに丸めておきました。
これでポリキャップへ差し込むのも気持ちスムーズに入れられますし、ポリキャップの保持で軸受け側の穴がへたりにくいと思います。

なかなかヤスリがけが終わらないですね~w 先は長いです。
シャオメイはサンディング済んで洗浄も終わりました。いつでも下地に入れます。

ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。