カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
profile

佐倉

Author:佐倉
お仕事と趣味とでフィギュアの塗装をしたりしています。

ご連絡・お問合せは i_sakura☆gaia.eonet.ne.jp まで(メールアドレスの「☆」を半角の「@」に変えてご送信下さい)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
白か紺か?
スク水の話です(タイトル)
次はオークション用に、トレフェスで購入してきた「嬲ってください」さん(原型・裏根さん)のスク水妖夢を作ります。
大きなクリアレジンで抜かれた半霊が印象的ですね~。

IMG_0468.jpg
先に組まれた方のお話を参考に聞かせてもらってサンディングと仮組み。
前髪と後ろ髪のパーツの間が微妙にぴったり合わさらないので、前髪側にあるヘアバンドを後ろ側に少し延長して後ろ髪の上に少し乗るようにしました。これで合わせ目が内側に隠れて目立たなくなりました。でもこれはどうも合わせ面のヤスリがけに自分が失敗してぴったりいかなかった模様w

IMG_0469.jpg
楼観剣?左手に持たせる剣に付ける花の茎をレジンから真鍮線に置き換えました。

IMG_0470.jpg
更に柄・鍔部分と鞘部分とで切断して差し込み式にしました。鞘部分に紐を巻いたり花を付けたりするので、完成後に手に持たせにくくなることの回避策です。

IMG_0474.jpg
後ろの半霊は、アクリル棒を支柱にして立たせることにしました。6mmのアクリル棒を購入(半霊はこの写真ではただスポンジペーパーで磨いただけです)
付属のベースを使うかどうするか迷ったのですが、6mmものアクリル棒と重量のある半霊を支えるために埋め込む深さが必要なので、付属のベースと更に5mm厚のアクリルベースを重ねることにしました。
支柱になるアクリル棒はあまり長くしないでできるだけ重心を低くして、半霊のしっぽ(って言っていいのかなw)を上に配置して2本の剣が作る三角形に絡めるような構成にしています。
元イラストにもこれで近い感じになったんじゃないでしょうか。

で、パーツ構成的にもそう大変ではないのでさくさくとサンディングしてサフ吹きに入ってます。
あと、ここのディーラーさんのキットは初めてなので他はどうかちょっとわからないですが、細かいところの磨きがちょっと甘いのかな?鎖骨の辺りとか髪の谷間とかがちょっと荒れた感じがしますね。

鎖骨周りから肩にかけてと後ろ髪パーツの頭頂部付近に微細気泡がちょっと多かったですw

IMG_0471.jpg
で、こっちは鶴の館さん(原型・千鶴さん)のホロ。そういえばホロはなんかタイミングなくて作ったことなかったのでこれが自分にとって初ホロになりますね!
みょんの合間にさくさくっとサンディング&仮組みー。
こっちは自分用なので楽しんで作るのが目的なんですが、パーツがものすごく状態がいいので進みがとても早いです。パーツ構成も15とシンプルですね。

IMG_0475.jpg  IMG_0476.jpg
サフ吹いてヤスリがけしてサフ吹いて気になるとこ磨いてサフ吹いて、ホロは下地ができたとこからもう本塗装始めました。
尻尾と耳の先が色が薄いのでそこだけ先に吹いたんですが、なんか見てるとかわいいなあw
尻尾がモフッといい感じになるといいなあと思いつつやってます。
ホロって服の色がものすごく微妙な色ですね(汗

半霊のクリアレジンは、まず磨きキズ埋めるためにプライマーとクリアを吹きました。透明感が出てすごいですねw
自分はもう少しソリッド系の塗料を吹いて不透明感を増してからツヤ消しで仕上げるつもりなのですが、ダンナはせっかくの大きなクリアパーツだから透明度が高いほうがよくない?と。あとスク水を紺か白かで悩んでます。
さてどう塗装するか、悩むのも楽しいところですね。
ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。