カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
profile

佐倉

Author:佐倉
お仕事と趣味とでフィギュアの塗装をしたりしています。

ご連絡・お問合せは i_sakura☆gaia.eonet.ne.jp まで(メールアドレスの「☆」を半角の「@」に変えてご送信下さい)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
セイバー完成
saber_01_20090619140013.jpg

ボークスのガレキ新ライン、TRY GKのセイバー、完成しました。
たたんでおきますので、「続きを読む」からお進み下さい。画像はクリックしていただくと別窓で開きます。






saber_02_20090619135848.jpg
今回の難敵はなんと言っても湿気だったように思います。
ドレスの内側、腰に近い部分ほどザラつきが多く、何度手直ししても取りきれず見え難いところはあきらめて残っているところもあったりします。

saber_03_20090619135854.jpg  saber_04_20090619135900.jpg  saber_05_20090619135907.jpg  saber_06_20090619135914.jpg
ポーズや構図的におとなしめですね~。
穏やかなセイバーさんなので、髪はおろしたほうがこのキットとしては合っている気がします。

saber_07_20090619135925.jpg
穏やかなセイバーさんを目指したせいか、顔立ちは作例よりお姉さんぽくなったようですね(汗
肌の色はレジンのカラー成型を活かして、シャドウ部分だけ吹き足しています。でも思ったより薄かったようで、画像ではあまり拾い切れていませんね。
頬には軽くパステルで赤みを足しています。

髪の色は、製作中の記事でも書いていますが、ホワイトサフの上に一度ホワイトパールを吹き、その上からクリアイエローとゴールドパール少量を混ぜ、普通のクリアーで粘度を調節しつつグラデーションに塗装、毛先のほうはツヤ消しで、頭頂部のほうは半ツヤになるように調整しました。

saber_08_20090619135930.jpg
ドレスの下はドロワーズ、ちょっと残念?w
せっかくのカラー成型なのに肌の露出が少ないキャラの選択はもったいなかったように思います。

saber_09_20090619135936.jpg
いつものセイバーの髪型にもできるよう、髪のパーツは2種類付属しています。顔は2種類付いているわけではないので、どちらかの固定が安全ですが、付け替えでも問題ないと思います。
こっちの髪型がいいなあと思うのは、リボンが大きくなびいていて動きが感じられるところですね。

saber_010.jpg  saber_011.jpg

全体的に、カラーレシピは付属の説明書を参考にしています。ドレスの色については模型誌(のページがボークス大阪店に貼ってあったもの)を参考に、下地に一度シルバーを吹いて光沢のある生地のイメージで塗装しました。
実際にはもう少しツヤは落としているのですが画像ではかなり光沢寄りに見えています。
逆に、ドレスの白い部分などは説明書だとホワイトパールをオーバーコートしているようですが、ドレスにメタリックと髪にパールを使用していたため、白い部分はパールは使わずツヤ消しにしました。あんまりパール多用するとうるさくなっちゃうと思ったので。


で、個人的にですが、「TRY GK」としてのキットの雑感など。
合いがよかったことや気泡が皆無だったことについてはさすがボークスのキットでした。
ダボの正確さや頑丈さは相変わらずですね、軸うちなど不要なところが大半です。(自分はいつもの工程を踏んでいるので真鍮線で軸打ちしていますが)

今回の目玉であるカラーレジン成型ですが、最初「魚肉ソーセージみたいなピンク色」と聞いて不安に感じたこともありましたが実際にツヤ消しを吹いた状態は見ていただいた通りです。落ち着いてきれいな色になりましたよ~。このあたりは成功していると感じます。
ですが!せっかくの肌色なのに、ここまで露出の少ないキャラの選択はどうなのかとw
第2弾は肌色成分多めのキャラでお願いします。もったいないから!

瞳デカールについては使用していないのでそれについてのレビューはできずすみません…
でも2つついてますし、瞳の描き方についても付属説明書で詳しく説明されてますし(ファレホですけど)失敗したらデカール、くらいの気持ちでチャレンジしてもいいんじゃないかなと思います。

マイナスポイントとしては、「普段作らない人にもおすすめ」的位置づけ(と自分は思ってますが)のキットではありましたがマスキング箇所が多いんじゃないかと…。
あと個人的な意見としては、肌部分以外ではカラー成型が邪魔に感じるのも否定できません。自分がホワイトサフを使っているから余計なのだとも思いますが、サフ吹いても吹いてもピンクが透けて見えました。肌部分のムラがなくて透き通るようなきれいさと引換えになるのでそのへんは仕方ないですね。
一番の惜しいところはやっぱりせっかくの肌色成型に露出が少ないキャラの選択は間違っとる!ヽ(`Д´)ノ
ということでw

セイバーさん完成となりました~。
次は猫の事務所さんの咲夜さんの続きをw

ガレージキット  |  Comments:(2)  |  Trackback:(0)
今回は製作記事もあわせて、色々と楽しませていただきました。

>まずは顔とか
 穏やかな感じ、という事ですが、ふと浮かんだのが「ナチュラルメイク」ですね。
 中々こういったしっとり感は難しいと思いますが、お見事な仕上りかと。

>服とか
 自分も最近ガイアの純色シアンを試してみましたが、
 やはり発色が違いますね…。
 金の部分はいろんな人がそれぞれ工夫されておられるのですが、
 模型店の人からは、ファレホのリッチゴールドを勧められてます。

 ちなみに自分の場合、黄色混ぜたりクリアー系の色混ぜたりして、
 色々と試してますが…まだまだだなと。

とりあえずそんなところですが、この記事見ていて、
自分も頼もうかなと思ったり(汗。

では、とりあえずこれにて。
2009-06-20(Sat) 22:10:58 | URL | 仕事中毒 #KK1vQL0U [ 編集]
> 仕事中毒さん

コメントありがとうございます。
今回の「しっとり」はカラーレジン成型のおかげも多分にありますね~。
光が透過して透明感が高いです。
実際にナチュラルメイクを目指しての製作でしたので、コメント嬉しいです。
> ゴールド
ファレホはいずれ試してみたいマテリアルです。
下になる色との塗り分けがぱきっとしたタイプのもの向けと聞いてますので、それが生かせる時にチャレンジしてみたいですね。
ゴールドは、たくさんありますがどれもそれぞれ違って、使いどころに悩むことがありますね~。
今回も青地のラインなので、ちょっとオレンジがかったゴールドでやっぱりよかったのかもしれません。
効果的に使っていけるようにもっと経験積めたらな~。

ありがとうございました!
2009-06-22(Mon) 00:53:18 | URL | 佐倉 #- [ 編集]
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。