カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
profile

佐倉

Author:佐倉
お仕事と趣味とでフィギュアの塗装をしたりしています。

ご連絡・お問合せは i_sakura☆gaia.eonet.ne.jp まで(メールアドレスの「☆」を半角の「@」に変えてご送信下さい)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
ボークスなセイバーさん2回目
えー。デジカメ壊れました。
物自体は古いサイバーショットで、フラッシュ使えないし前から挙動不審だったのでそう惜しくはないのですが、使えなくなるとなると困るものです。
壊れてしまった以上新しいのの購入もやぶさかではないですが、新型でなくても今までの性能のものでも十分な気もしつつ、せっかく買うなら用途が広がるようなののほうがいいかなあとか、欲が出てあれこれ考えてしまうのでつい高くなっちゃいそうですね。
携帯でもやれないことはないかも?と思って今回は携帯で撮影してみましたが…ご覧の通りノイズ出まくりでした(汗
早めに考えて結論だしたいと思います。


という前フリですが、今回は画像が荒れてます、すみません。
ボークスのセイバーさん、2回めです。
いろいろな用事の合間合間にやってるうちに仮組み終わってます。仮組み中の写真を撮影するのをすっかり忘れてしまってました。
F1000073.jpg
まだ髪をどちらのタイプで製作するか決めてないのですが、どちらにも差し替えできる状態にしておいて進めていきます。

ボークスのキットは、パーツ同士の接合面もぴったりでダボも太くて深めでしっかりしているので特に金属線を使っての軸うちは必要ないかも知れません。その点では難易度は易しめです。

F1000076.jpg
今回はスカートが前後に分割されてるので最初に接着して継ぎ目消しが必要です。やり方は説明書にも書かれているので参考になると思います。
自分はアルテコの粉とシアノンを混ぜて接着と隙き間埋めを一度にやります。
説明書のエポパテ使用と違っての利点は、硬化まで時間が少なくて済むという点と、アルテコの粉を混ぜることで切削性があがるので、ヤスリがけが少し楽という点でしょうか。
逆にエポパテは硬化までの時間が長いという点は、ゆっくり慌てずに作業ができるという利点にもなりますので、どちらがいいというわけではないと思います。単に佐倉がイラチなだけw

F1000077.jpg
スカートは継ぎ目も消したのでこの状態で進めていくわけですが、上半身と合わせてみると、前面はぴったり納まるのに
F1000078.jpg
背面にはバッチリ隙き間とズレが(汗
あれー?スカート継ぐとき失敗したのかも??
特に手を加えないで塗装後組み立てるだけで済まそうと思っていましたが、これだけ開くと目立つどころじゃない感じ。
どう対策するかを考えつつ、先に進めていこうと思います。

仮組みが終わったのでヤスリがけ開始です。
F1000079.jpg
芸人サンダーを使ってスカートの白いほうの裾のヤスリがけを。
F1000081.jpg
ヤスリ過ぎて微妙なアールを平らにしてしまわないように進めていきます。
ペーパーを留めるクリップはもっと小さいほうがいいんですけどなぜか小さいのからなくなっていくんですよね(汗


そんな感じでヤスリがけ中。続きます。


ガレージキット  |  Comments:(1)  |  Trackback:(0)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-06-09(Tue) 22:28:07 | | # [ 編集]
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。