カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
profile

佐倉

Author:佐倉
お仕事と趣味とでフィギュアの塗装をしたりしています。

ご連絡・お問合せは i_sakura☆gaia.eonet.ne.jp まで(メールアドレスの「☆」を半角の「@」に変えてご送信下さい)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
メイドな騎士王、完成
先日のホビコン東京07内のコンテスト、モデルギャザリングに出品しておりましたミリメセイバーですが、持ち帰り後の補修が終わりましたので完成といたします。

saber_00.jpg

ミリメートルモデリングさん(原型・倉本育馬氏)のセイバーメイドver.です。画像をクリックすると別窓で大きく表示されます。
製作についてと完成画像は、続きからどうぞ。






まず最初に、今回は長いです!(汗
製作記を今まで書いてなかったので…
すみませんが、お付き合い下さると嬉しいです。

saber_01.jpg
キット自体は、完成品も発売されてからもうけっこう過ぎていますし有名だと思います。
一度組んでみたい!とずっと思っていたのですよね~、念願かないました!

昨年中にこのキットを入手したのですがもったいなくてなかなか組む気になれず、今年のホビコンGKにて再度入手のチャンスがあったのでふたつめを購入することにしました。
さてじゃあいつ組むかな?ってところで、仲間うちから「みんなで色違いでミリメセイバーを作ってホビコンに行こうコンペ」のお誘いが。
最初は「いや~、そんなしょっちゅう東京行けへんしw」とあきらめモードでいたんですが、行けるかも?と決まったので、直前になって駆け込み製作開始!
だってお祭りには参加したいですよね?その方が楽しいし。

saber_02.jpg

大きめのキットで、迫力あります。そしてモールドがすごい!圧倒されます。
各所ボリュームいっぱいのフリルとか、ぱんつのモールドなんて「ナニコレ!?」みたいな。
ポーズもただ仁王立ちじゃなくて、腰が入って微妙にひねっててものすごくカッコいいのですよね~。

なのにキットとしてはかなり作りやすいキットでした。少し前の記事にも書いたと思いますが、ダボと合いがどこもぴったり、ダボは左右で形状を変えているので間違えることもないようになっています。
塗り分けも、後ろ頭の髪とうなじの境目、変形おだんご髪のリボンとの境目、オーバーニーソと靴との境目、これだけにマスキングが必要なだけで塗装できるようになってます。その分パーツはたくさんに分割されていますが作りやすいと思います。

saber_03.jpg  saber_04.jpg

背面も見所たっぷりのキットですね~。
ですので、製作も背面だからと気が抜けません。

セイバーのメイド衣装のカラーですが、セイバーの普段の騎士王ドレスのロイヤルブルーっぽいのをイメージして塗装しました。
自分が製作を始めた時点ではすでに仲間のほとんどは完成していました。ピンク、レッド、ブラウンにミクカラー、ノーマルと聞いていたので、さてそれじゃ自分はどのカラーで塗るかって考えたんですが、もうすでにカラーリング迷ってる余裕など皆無でw
最初はちょうどT'sさんのリリィを製作していたこともあってリリィっぽいカラーにしようかなーと思ってたんですが、リリィカラーだと全体がぼやけてしまって締まらないかなあと。
ブルー基調で塗装することにして、その地味めの色でいかに見栄えよく、目立つように作れるかが今回のテーマでした。

saber_05.jpg

ブルーは、光沢のある生地をイメージして、下地にシルバーを吹いています。その上からブルーをグラデーションで吹きました。
最終的にはツヤ消しでコート。メタリックブルーとは違った落ち着いたいい感じになったかなと思います。

ホワイト部分についてははっきりめ、こってりめにシャドウのグラデーションを。ニーソは透け気味に、靴はブラウンでしっかりめの光沢で対比効果をねらいつつ。
ちょっと全体がこってり過ぎたカナー(汗 と思いつつも、会場の照明の下だとこれくらいしなくては!と。

瞳の塗装も個性を出すべきかと、作例も原作も見ないで描いてます。視線の方向だけ、組んで自分で確認、という時間がなかったので作例を参考にしています。
ハイライトは今回は「ホワイトを乗せる」のではなく、「色を乗せない」方向で。レジンの地色そのままの状態です。
このやり方は、瞳のイメージがちゃんと頭の中にある状態でやらないと自分には難しいのですが、直前にリリィの瞳も描いていたので、出来そうだったのでこのやり方にしました。

モップについては、もう自力で何とかする余裕がなかったので、付属のアルミ棒の柄以外の、金属線の置き換えをダンナに任せてしまいました。手の下になって見えないのが残念ですが、モップをかけるための部分を真鍮線で加工などもしています。

今回も肌部分はサフレスで、それと髪もサフレスにしました。
髪は下地にパールを吹いてからクリアー系とソリッド系のイエローでグラデ塗装しています。

saber_06.jpg  saber_07.jpg

スカートの下、ペチコートでしょうか、これのすそ部分を、レース表現にしようと0.8mmのドリルで穴開けしました。大きな山の部分には3点で、交互に挟まれた小さな山の部分には1点で穴をちまちまと開けていきます。穴の周りの表面がけっこう荒れたので、サフ吹きとペーパーがけを何度か繰り返すことになりました。

あと手の指先、爪は薄ピンクのクリアを乗せています。マニキュアは塗ってないけどキレイに手入れされた爪、というイメージです。ちっさすぎてわからないと思いますが(汗

saber_08.jpg

ミラーベースなので、一応ね、お約束で…って見えてませんw


長くなりましたが最後までお付き合いくださってありがとうございました。
最後にモデルギャザリング出品時の様子はこちら
なかなか実現しそうにない企画でしたが、自分も参加できて本当によかったです。実際にはしゃもじに持ってかれた感はあるけどね!!www

追記:
セイバー5/17までオークション出品中です。
よろしくお願いします。

*終了いたしました。たくさんのアクセス及びウォッチをいただきまして大変ありがとうございました!

次は、というかもう完成して撮影も終わってますが「温泉天国さんのチルノ」です~。

ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。