カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

佐倉

Author:佐倉
お仕事と趣味とでフィギュアの塗装をしたりしています。

ご連絡・お問合せは i_sakura☆gaia.eonet.ne.jp まで(メールアドレスの「☆」を半角の「@」に変えてご送信下さい)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
綾波RQ ntibi5完成
ayanami_06.jpg

VispoさんのアスカR2に続いて、予告通りの綾波RQ完成しました。
前回と同じく、バイクだけで画像が大変多くなりましたので記事を綾波本体と別に分けてUPします。
画像はクリックすると拡大画像が別窓で開くようになっています。
「続きを読む」をクリックしてお読み下さいませ。




アスカの時と同じく、バイクはダンナが制作してくれています。

bike_02_20081219215315.jpg  bike_03_20081219215323.jpg  bike_04_20081219215342.jpg  bike_05_20081219215350.jpg  bike_06_20081219215405.jpg

カラーリングは、ほぼ作例と同じですが、フレームとエンジン、ホイール、リアサスはアスカとは対象の配色にしています。
カウル類・スクリーンはデカールを貼ったあと、ウレタンクリアーでコート・研ぎ出し、仕上げにポリマーコーティング剤(Mr.ハイコーティング)を使用してツヤ出し・保護をしています。

改造・加工・工作についてはアスカの時とほぼ同じですが、リアスタンド受けのフック部分は、レイの重量がかかった時にはずれやすいのでバーエンドにネジを取り付けてはずれにくいようにしています。

bike_07_20081219215423.jpg  bike_08_20081219215432.jpg

フロントブレーキはブレンボ風のゴールドに、スプロケはAFAM、チェーンはRKのブラックスケールモデルっぽく塗装しています。

bike_09.jpg

ファンネル・プラグコードはアスカでは赤に塗っていたので、レイでは青色に。

bike_10.jpg

アスカの時と同じく、エンジンカバーのボルトやピボット部、ステップ部のボルト等は金属製のものに交換…していますが、シルバー塗装部分への取り付けなので目立ちませんね…(汗

bike_11.jpg  bike_12.jpg

フロント周り フロントアクスルシャフトはアスカの時と違って貫通式に変更しています。

bike_13.jpg

トップブリッジ周り イニシャルアジャスターをアスカの時と同じく小型ボルトやパイプで作って取り付けています。また、ブレーキマスターやクラッチホルダーの取り付けボルトも真鍮線を加工したものに変えていますが、カウルを付けるとここも目立たなくなってしまう部分です…。

bike_14.jpg  bike_15.jpg

リアサスはクアンタムのネオクラシックカラーに、リアアクスルシャフトも貫通式に変更しています。

長くなりましたが、まだ他にも手を加えている部分がありますが書ききれないので割愛いたしますw
アスカの時にも書いていますが、その気になればパーツごとにバラバラにバラしてまた組み立てることも可能なようになっていますw

以上でバイクの方の解説は終わりになります。それではレイの方へ記事は続きます~。

ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。