カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
profile

佐倉

Author:佐倉
お仕事と趣味とでフィギュアの塗装をしたりしています。

ご連絡・お問合せは i_sakura☆gaia.eonet.ne.jp まで(メールアドレスの「☆」を半角の「@」に変えてご送信下さい)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
磨き中~。/モリモリ部屋さん 射命丸
射命丸、磨いてます。
まずは大きい気泡埋めと、パーティングラインを消すことから。

DSC00349.jpg

ちなみにこれらがいつも使っているパテ類になります。
光硬化パテ、シアノン(これは接着剤ですが)、白パテ、エポパテ、アルテコ(の粉)など。光硬化パテ、シアノンは場所によって使い分け、白パテは小さいキズ埋め、エポパテは合わせ目の修正に使用したり。

DSC00350.jpg

クラフトテープの上で、シアノンとアルテコの粉を混ぜてます。
こっちはシアノンのみより切削性があがるのと、アルテコの液を使わないのは、アルテコだと紫みたいな色ですがシアノンだと白いので、次工程の塗装に入りやすい(サフレスにすることも可能)などが理由です。
クラフトテープはいらなくなったら(シアノン+アルテコの粉は硬化するのですぐ使えなくなります)はがして次のに取り替えます。

DSC00352.jpg DSC00353.jpg

気泡は見つけたら、カッターの先やピンバイスなどでぐりっとえぐって穴を大きくして、さきほどのシアノン+アルテコの粉で穴埋め。ついでに周辺の段差部分にも盛りつけます。

DSC00354.jpg

アルテコの粉を混ぜると硬化も早いですが、イラチな自分の強い味方は硬化促進スプレー。たまに使いつつ。

そんな感じで気泡を見つけたら端から埋めていきます。

DSC00355.jpg

埋めたら今度はヤスリがけ。ヤスリがけで主に使う道具たち。
おおまかにナイフで削ってヤスリで整え、モールドやスジ彫りなどはエッチングノコやけがき針で彫り直しておく、届きにくいところは調色スティックにペーパー貼り付けてちまちまヤスる、髪と髪のすきまなどヤスりにくいところは芸人サンダー。

射命丸は大きな翼がありますので、そこをどうするかは今回のポイントかと。
せっかくの大きな翼、ベッタリ黒だとつまんないので…
塗装についてあれこれ考えつつ、ヤスっていきます。羽の先の部分などは気泡がたまりやすいのでしょう、欠けてしまっている部分がありますが、このへんの気泡も埋めつつ進めます。

DSC00358.jpg

写真が暗くてボケててすみません。
羽のモールドをエッチングノコとナイフを使って彫り直してます。一本一本みぞを彫り直すのは大変ですが…

ヤバ、楽しくなってきた…w

ヤスリがけの作業が苦手なくせに(塗装が好きで下地処理は苦手)髪などのモールドの溝を彫り込むというのは何故か好きで、止まらなくなってやりすぎてしまうことが自分には多々あります。今回は、黒の塗装で見えにくくなるだろうからちょっとシャープに彫り込んでおこうかなと思ってやり始めたんですが…止まんない(笑
翼は、勢いのいい感じで造形されていてカッコいいです~。

射命丸ヤスリがけまだ終わらず、継続中です。
ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。