カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

佐倉

Author:佐倉
お仕事と趣味とでフィギュアの塗装をしたりしています。

ご連絡・お問合せは i_sakura☆gaia.eonet.ne.jp まで(メールアドレスの「☆」を半角の「@」に変えてご送信下さい)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
射命丸の仮組み /モリモリ部屋さん 射命丸 文
続いて射命丸 文いきます。

DSC00333.jpg

こちらも同じくシンプルな構成、パーツ点数は12点…
あれ?下駄の歯がない。
多分これに下駄の歯がつくので、商品の方は14点になっているかと思います。
(訂正:歯は付かないそうですので、やはり12点みたいですね)

DSC00334.jpg

そんなに大きなキットではないので、細い指の途中に気泡が入り込んでしまうとこんなふうになります。折れてパーツがどこか行く前に、瞬間接着剤などで充填して埋めてしまうといいです。自分はシアノンを使います。

DSC00335.jpg

ほとんどのパーツは、原型段階での軸の跡があり、軸打ちの位置合わせもあまり苦労しないと思います。でもたまに、合いの部分に湯口や空気逃がしの口があったりで、消えてしまっている部分も。
そういう時の、自分の穴の開け方。

DSC00342.jpg
先に片方に穴を開けて
DSC00343.jpg
もう片面にネリケシを少量付けて、表面を水で濡らします。(ひっつかないようにするため)
DSC00344.jpg
で、両方のパーツをぎゅっと合わせて離します。
DSC00345.jpg
ネリケシには軸の位置に印がつきます。
これを目打ちなどで印をつけてからネリケシをはずして、ピンパイスできちんと開けます。
これでだいたいズレがあまりなく、開くと思います。
こちらのワザは、ABC-labo.comさんの「ガレキ製作TIPS」を参考にしています。
それまで軸打ちがへたくそでたいへん苦手だった自分でも、これでほとんどは失敗がありません。ななめとかに開けるとちょっと面倒ですけどw あと、先に目打ちで印をつけるのも失敗を減らせます。

大きな翼の軸打ち。これは重量の負荷がかかるので、深めに穴を開けておきたいので、ギリギリまで開けました。注意しないと胸に穴があいてしまいますw
DSC00346.jpg


DSC00348.jpg

うちわと面の小物を持たせて、仮組み完了です。
あとで靴の底に付ける下駄の歯をプラ板貼り合わせで作ろうと思います。
イラストなどを検索して見ると、下駄の歯は高めみたいです。ベースへの固定は1点じゃなく2点かそれ以上は必要っぽいですね。

それでは、射命丸もヤスリがけに入ります~。

そして、こちらもキャラ知らなくてすみません(汗)
ゲームの存在とか、霊夢、魔理沙って名前とかは知ってるんですけど…このキットを作ることになっていろいろと調べながらやってます。画像検索するとイラストすごいかわいーです!鴉天狗さんなのですね。
羽とかの黒い部分をどう塗装するか、迷うところです。
ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。