カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
profile

佐倉

Author:佐倉
お仕事と趣味とでフィギュアの塗装をしたりしています。

ご連絡・お問合せは i_sakura☆gaia.eonet.ne.jp まで(メールアドレスの「☆」を半角の「@」に変えてご送信下さい)

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  Comments:(-)  |  Trackback:(-)
しばらく更新サボってました
ラクエル完成以降、blog更新サボっておりました。
なにやってたんだろう、ヘコんだり復活したり体調崩したりだらだらしたり、そしてまた制作していたりしました。この間に制作していたものについては、結局まだ完成していませんが完成したらか機会があれば、書こうと思っています。古いキットなんですよね。なんで今頃?みたいな。

あと、予告通り、VispoさんのアスカR-2と綾波RQの制作の続きもやっておりました。このあたりの記事の続きになります。

DSC07294.jpg

カウルはウレタンクリアーを吹きました。バイクの方はダンナ担当ですが、そろそろ完成かと。ウレタンクリアー吹いたのは私です。本体のアスカは、もうちょっと気になるとこ直したいな。あとトップコートのクリアまだ吹いてないや(汗

あとこれは前の画像ですが、アスカの顔パーツ。瞳にハイライトまだ入れてないところですね。

DSC07204.jpg

そんな感じで、再開です。
スポンサーサイト
ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
「Raqel Gothic(ラクエル ゴシック)」完成しました
記事立て続けですみません(汗
Vispoさんのラクエル、完成しました~。

DSC_2.jpg

青色がですね!撮影難しいです~!
水色で全体をまとめているのでカラーバランスが青色にひっぱられて撮影が難しかったです。

それでは、完成写真と説明文で長くなりますので、いつもと同じく記事をたたんでおきます。よろしければ「続きを読む」をクリックお願いします。

続きを読む>>
ガレージキット  |  Comments:(3)  |  Trackback:(0)
時計盤の塗装
残るはベースになる時計盤の塗装のみ。
人物以外のものって実は苦手なので、最後まで残ってしまいました…。

DSC07253.jpg  DSC07254.jpg

文字盤のところは先にホワイトを吹いて汚し塗装…ぽく(汗 しておいたので、文字盤をマスキングして、光沢のブラックを吹きました(左)
そのあと、フィニッシャーズの赤金を、ガイアカラーのメタリックマスターでゆるめにうすめて凹部にまで吹き込ませない程度に吹き付けます(右)
奥まった部分は黒が残っている状態です。

DSC07255.jpg  DSC07256.jpg

更にもう少し、へこんだ部分にブラックとクリアと混ぜてさらに薄くのばしたものを吹き付けてシャドウ、マスキング剥がしたところが右側です。
あとは文字盤のローマ数字をエナメルの黒で描き込み、クリアでトップコート、半ツヤでツヤ調整して完成しました。

ウォッシングとかそういう汚し塗装が全然うまくないので、今回はこんな感じで塗装しました。

DSC07257.jpg
難産でしたが、ようやく完成しました。
色合いはかわいい系なのに、持ってる得物が凶悪ですねw
ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
あとちょい…っぽい
思っていた以上に
DSC07248.jpg
ここのマスキングがキツかった…!!

過去最高のマスキング地獄だったかも知れません、ラクエルさん。
一つのパーツに、貼って剥がして貼って剥がしてを一体何回繰り返したか。頭使って最初に順番考えといたらそうでもなかったのかもしれませんが。

DSC07249.jpg
ここまでたどり着けた時はちょっと泣けてきましたw

で、ようやく時計盤以外できましたー。

DSC07252.jpg
ラクエル ゴシック 甘ロリver.
羽は結局こんな感じでまとまりました。

あと少し!
ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
昨日よりも今日
昨日よりも今日のほうが進んでいるはず。

DSC07241.jpg
これが、昨日の状態。

DSC07247.jpg
こっちは今日。
…逆じゃないですよ、下の方のが今日です。

後退したw

これでよかったのか、やっぱり作例通りにするべきじゃなかったのかとぐるんぐるん考えて、髪の色が入ったので全体の雰囲気を見るために軽く組んでみたところ
羽がちょっと違う…かな?
ずっと見てるとどこかどうおかしいのかわからなくなってきます。
羽の部分、透明感と不透明感がかち合ってしまったみたいな感じ?
色は落ち着いているのですが、色合いのわりにはちょっと重たく見えると言うか?
そんでぐるぐる悩んでいるよりも一度落としてみることに決めました。

DSC07246.jpg

ディテールのくぼみの部分にこってり入り込んでサフがなかなか取れず大変でした×4つぶん。
溶剤に漬けて固めの平筆で撫でてもなかなか浮き上がらず、最後には模型用に使っている歯ブラシを使いました。

まさに一進一退です。
羽…どうしようか、もう一つの案でうまくいくかな?
ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
爪にツヤ
vispoさんのラクエルゴシック、進行中です。
…が、配色にあまりにも悩みすぎて停滞していました。
オリジナルのキットは、作例通りに塗るもよし、オリジナルの配色で塗るもよし、ですがそこが醍醐味でありとても悩むところです…
あまりにも悩みすぎて途中気持ち悪くなってきたほどwアホですねw

DSC07237.jpg  DSC07239.jpg

ブラシの終わったパーツから乾燥ブース引き揚げないと、ラクエルさんは大きいパーツが多いのでまたぎゅうぎゅうになってしまいます。
なので、両手とお尻、両モモのパーツを完成パーツ入れに。
その前に、大好きな作業なのですが、指先に爪のツヤをプラスしています。これは今までのほとんどの塗装完成品にやっています。
好みの問題だと思いますが、爪にツヤをプラスすると、個人的にはものすごく手先の表情が生きる気がするんですよね~。だから大好きな作業なのです。
今回のラクエルさんはネイルやっててもおかしくないと思うので、ちょっとピンクみをプラス。あんまり目立つようにするのは好きじゃないので、いつもうっすらピンクか、クリアのみでやってます。エナメルの白と赤で淡いピンクを作って、クリア混ぜて、縦長のきれいな爪の形に乗せます。微妙に指先に爪のモールドがありました。なくても自然な感じで塗っちゃいます。

ガレキの話からははずれちゃいますが、自分は爪の形が悪いことが昔からコンプレックスで…横に平べったい、貝型してるんですよね。だから作業中の写真でも、手が写らないように気をつけて撮ったりしてます。中学生の頃、友達とマニキュアが流行ったのですがそれがまったく似合わない自分の爪が嫌で仕方なかったです。
だから、ガレキの指先は綺麗にしてあげたいと思ってます。


DD(ドール)のボディのカスタムでも、手と足の指先にクリアを塗るととても生き生きとして見えますよ~。オススメカスタムです。

今はドレスの塗装に入ってます…が大量のフリルのマスキング地獄中です~w
ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
今日はフレッシュを吹きました
肌部分の色がのると俄然進んだような気がするので、まずはフレッシュを吹くことにしました。

DSC07232.jpg

昨日の肌部分マスキング後白サフ、マスキング剥がしたとこです。
いつもならこのままフレッシュを吹いて、肌部分マスキング、ドレスにのったフレッシュの
上から白吹いてドレス色塗装、なのですが。
ドレス色の現段階での構想では淡色塗り分けなので、ドレスの上にフレッシュがかからないようにマスキングして吹くことにしました。
メンドイ…

DSC07234.jpg

でもこの後また再度肌部分マスキング…
その前に、吹き込んでもリカバリしやすくなるようにクリアを全体に吹いています。できることなら、ってか何が何でも吹き込んだりしないようにしたいのですが。このパーツドボンはかなりヘコみそうなので…。


DSC07233.jpg

ダンナの方のアスカのバイクの修正も進んでるようです~。
自分はラクエルが終わったらアスカの修正、綾波の塗装に入りたいなと。
ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
穴開けポンチ
進まない~(汗
連休でしたが、世間が休みほど自分の時間はとれないもの。まあそれも自分の選んだ道なのですが。

連休前とほとんどなんも変わってないですが。
vispoさんのラクエル、まだちまちまと下地をやってます。

DSC07231.jpg

肌をサフレスにするので、肌部分にはプライマーを吹いてから、クリアを吹いて微細気泡などないかチェック、気になるところは細かいスポンジヤスリかペーパーをかけてから再度プライマー、クリアで下地とします。今回のボディのパーツは、胸元がサフレス、それ以外はホワイトサフになりますので、クリアが終わった後一度マスキングしてからホワイトサフを吹く準備をします。
小さな曲線には穴開けポンチは地味に大活躍です。サイズ違いでいくつかそろえておくと絶対便利だと思います。今回も肩ひものフリルのラインに使用しています。

穴開けポンチの地味な活躍以上に、地味な進行具合ですがw
ガレージキット  |  Comments:(0)  |  Trackback:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。